読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリー好き大学教員の気ままなレビュー

とある私立大学のボンクラ大学教員がミステリーのレビューをメインに気ままに思ったことを書きなぐるブログです。

【読書レビュー】柳広司『ジョーカー・ゲーム』

 

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

 

第二次世界大戦中の日本のスパイ活動を題材にしたライトに読めるミステリースパイ小説

ジョーカーゲーム』は、殺人を厭わないイメージのあるスパイとは異なる納得感のスパイ像を新たに提示してくれるサクサクッと読めてしまう良作ミステリー短編集だ。

 

あらすじ

「殺すな、死ぬな」

 

死から遠ざかること、それが日本のスパイ組織、D機関の構成員に与えられた基本原則。

 

死体は警察によって捜査の対象となる。捜査の対象となれば、そこからスパイに関するなんらかの情報が明らかにされてしまう可能性がある。だから、人を殺すことも、自分が死ぬこともスパイとして最悪の行為だ。

 

かつて、第一次世界大戦時にヨーロッパで“魔術師”と恐れられ、全くの痕跡を残さずにスパイ活動を行っていながらも、その優秀さゆえに仲間に裏切られた男、結城中佐。

 

彼にスパイ活動の極意を教わる生徒はこのように教えられる。

ナルトや007とは異なるスパイ像とスピード感のある展開が魅力

ナルトや007のようにもはや隠れることをやめた忍者やスパイとは違い、彼らの活動自体は、極めて地味だ。ひっそりと任地におもむき、誰にも素顔を気づかせることなく活動する。問題を解決する時も自らの手を下さない。キーパーソンにそれとなくヒントを与えて、自然と解決するような状況をつくり出す。スパイは誰かの記憶に残ることは避けなければならないのだ。

 

全能にも思えるスパイたちが暗躍する本作は、ともすればご都合主義にもなりかねない危険をはらんでいるが、本作はそうしたことを感じさせない説得力がある。また、極めて合理的な考え方をするD機関が、古い日本的な考え方をし、D機関を忌み嫌っている陸軍を手玉にとる様は見ていて愉快の一言に尽きる。

 

物語は短編集だけあって、スピード感たっぷりなのもGOODだ。決して最後まで飽きることなく読み進めること間違いなしである。